過去の活動

 


イベント

◆IDEAコミュニティスクールOPEN DAY in#不登校は不幸じゃない

座間市・座間市教育委員会後援事業

2019年8月18日(日)10:30~16:00

チラシ_OPEN DAY2019 チラシ_#不登校は不幸じゃないin座間

チラシ_#不登校は不幸じゃないin座間

#不登校は不幸じゃない(←発起人 小幡和輝さんのページ)

という、全国100ヶ所同時開催!

不登校を肯定するムーブメントに参画し、OPEN DAYを同時開催!

約40名の皆様と楽しく、穏やかなひと時を過ごすことが出来ました。

そして、不登校経験がある中高生5名が、ボランティアスタッフとして参加♪

明るく 元気に、来場者の皆様とふれあっている姿が印象的でしたよ(*^-^*)

 

◆会場

IDEAコミュニティスクール 座間教室

 

◆プログラム

・ほっとルーム

不登校経験者&家族・理解者は、オレンジ色の目印をつけています。誰にも話せずつらいことや、聞いてほしいグチなど気軽に話しかけてください。ゆっくり話せるお部屋もご用意しています。

・みんなの花束

「子どもたちの明るい未来」をイメージした1輪の花(花以外でもOK)を各自ご持参いただき、会場に設置された花びんにいけてください。最後にどんな花束ができあがるかお楽しみ…♪不登校は不幸じゃないよ!!という応援の気持ちを込めて(^^)

 

・ワンコインワークショップ

「子どもの精神的自立のために親ができること」野中 幸子氏(ここはぐおかたづけ代表

 

「親子のコミュニケーションUP!のためのアサーション講座」やまもと かよこ氏(キャリア・ネクストステージ代表

 

「パステルでひまわりの花を描こう♪」Yumiko氏(Azurアズール主宰

 

・こども縁日

・かき氷  100円
・ポップコーン  50円
・ゲーム  3回100円
(スーパーボールすくいなど楽しいゲームがあるよ!)

 


セミナー

 

◆不登校の正しい認識セミナー(主催)

2014年10月からスタートし、毎回アットホームながらも充実した学び合いの時間を提供しています。

・・・過去に開催したサブタイトル例・・・

「経験者が語る 自分にとっての不登校」

→特に、様々な年代の不登校経験者をゲストにお招きし、当時を振り返って率直に話しをしていただくこのシリーズは毎回ご好評をいただいています。参加者である現在不登校の子をもつ保護者が、普段我が子に直接聞けないことを質問をしたり、将来の我が子を重ね合わせたりしながら、こどもへの理解を深められる姿が印象的です。

「学校生活の不安を解消できる 夏休みの過ごし方」

「不登校の原因とは?」

S__35389464

S__35389469

S__35389468

◆ママのための教育力UPセミナー(主催)

(海老名市教育委員会後援・神奈川ゆめコープ市民活動応援プログラム支援金事業)

vol.1  2017年9月21日(木)海老名市民活動センター ビナレッジ(ホール)

「いじめない、いじめられない子育て」

ゲスト:栗岡 まゆみ 氏

著書「いじめゼロを目指して~いじめ防止授業生徒5000名の現場から~」(文芸社)

一般財団法人いじめから子供を守ろうネットワーク・東京代表


 

vol.2 2017年11月24日(金)海老名市民活動センター ビナレッジ(大会議室)

「おかたづけは魔法のコミュニケーション」

ゲスト:野中 幸子 氏

海老名発 整理収納片付けサポート ここはぐおかたづけ代表

 

◆教育問題シンポジウム「子供たちを守り、育むために」(共催)

(文部科学省・神奈川県教育委員会・厚木市教育委員会 他 後援)

2016年5月24日(土)レンブラントホテル厚木にて

Ⅰ部基調講演 「日本の教育を考える」義家弘介文部科学副大臣

Ⅱ部パネルトーク「いじめと不登校の現状と対処法」

 

開会のご挨拶を兼ねて、講演「不登校の意味するもの」に代表・矢野と教え子(大学生)で登壇し、その後パネルトークでも代表・矢野がお話させていただきました。

 

 

◆学校の先生向け・教育問題解決力UPセミナー(主催)

vol.1 2015年9月12日(日)海老名市民活動センター ビナレッジ(大会議室)

「すぐに実践できる 不登校の子供への接し方」

講師:矢野 梢(IDEA education代表)

 

vol.2 2017年6月4日(日)海老名市民活動センター ビナレッジ(大会議室)

「不登校の正しい理解と解決方法」

講師:矢野 梢(IDEA education代表)

 


個別不登校支援アドバイス(無料)

↑こちらをクリックしてください


参加者募集中のイベント

TOPへ戻る


 

コメントを残す